• ホーム
  • ピルカッターの正しい使い方|ピルを半分にできる便利アイテム!

ピルカッターの正しい使い方|ピルを半分にできる便利アイテム!

2020年03月03日

販売されている錠剤の中には、1回の処方量よりも大きめに作られてるものがあります。そんなときには錠剤を正確に切ってから飲まなければなりません。正確に切れていない場合、毎回の服用量が安定しなくなります。そこで便利なのがピルカッターです。ピルカッターは薬剤を分割するための道具であり、さまざまな医薬品を飲む前に使うことが出きます。ピルカッターにはいくつかの種類があり、その種類ごとに使い方も異なっています。

ピルカッターの中でも特にオーソドックスなのがハサミ型です。ハサミ型の使い方は簡単であり、通常の紙を切るときのように使います。通常のハサミに比べると刃先が丸くなっていて、錠剤が飛び散らないように作られています。かたい錠剤でもてこの原理で簡単に分割することが出来るので、手にあまり力がない方でも使うことが可能です。ただし、錠剤を手で持って切らなければならないという特徴があります。

手で固定するのが難しいという方にうってつけなのがホッチキス型です。ホッチキス型のピルカッターはホッチキスと同じ原理で使用することが出来ます。錠剤をケースに固定して蓋を閉じることにより、分割できる仕組みになっています。確実な状態で切ることが出来る点が大きなメリットです。

ピルカッターの中にはクラッシャー型と呼ばれるものもあります。これは単純に薬剤を分割するのではなく、さらに一気に細かく分割するために使われます。また、錠剤で飲むことが難しい方が粉末に近づけるためにクラッシャー型を使用するケースもあります。非常に便利なピルカッターではありますが、粉末に出来ないタイプの錠剤もあるので注意が必要です。ピルカッターはいずれのタイプであっても使い方は簡単となっています。専門のものがなくても通常のハサミなどで代用できると思われがちですが、通常のハサミやカッターでは意外ときれいに分割することが難しいのです。それゆえに必要に応じてピルカッターを用意する必要があると言えるでしょう。

複数の医薬品を分割する場合、器具をその都度洗う必要があります。医薬品の錠剤は触れるだけでもその成分が付いてしまうことが多いです。複数の医薬品をピルカッターでカットした際には、成分が混ざってしまう可能性があります。毎回しっかりと水洗いをすることによってこの問題は解決できます。水分はコットンなどでふき取るようにして、服用する薬剤につかないように注意しておきましょう。