• ホーム
  • EDの改善に必要な治療期間は?治療をはじめてから効果が出るまでの期間

EDの改善に必要な治療期間は?治療をはじめてから効果が出るまでの期間

2020年04月07日

ED治療の期間については個人差がかなりあるので一概にどれくらいかと言い切ることは出来ませんが、早い方で1か月、遅い方でも半年くらいの期間をかけることで効果が出ることが多いです。

EDを患っている方のなかには、完全に性行為が出来なくなってしまっている方もいれば、時々勃起できているという方もいます。そのどちらの方もEDになっている可能性があるため、治療薬を使うことが有効です。完全に性行為をすることが出来なくなっている方が可能になるためには長い時間がかかりますが、時々できなくなるという方の場合は比較的速やかに完治する可能性があります。この治療を行えば性的刺激がなくても反応可能になると勘違いされることがありますが、実際にはEDが完治したとしても性的な刺激がなければ反応することはありません。これはどのような薬を使ったとしても同じです。たとえすぐに完了しなかったとしても、じっくりと服用を続けていくことによって効果が徐々に表れていきますが、性的な機能が一般的な水準を逸脱することはありません。

ED治療を円滑に行えるかどうかに少なからず影響を与えるのが年齢です。加齢に伴ってEDになるリスクがあるという考え方もありますが、若くして発症することも十分にあります。しかし、年齢が若い方の場合は血流が盛んであることが想定されるので効果が出やすい傾向があり、特に早期に服用を開始すれば改善の見込みはかなりあると言えるでしょう。

医療機関ではまず診断を受けます。それぞれの患者さんごとにEDの原因が異なっていることが多いからです。診断を受けて原因を特定できた場合には、その内容にあった処方や施術を開始します。必要に応じて血液検査を行うこともあります。血液検査を行うことにより、血中の男性ホルモン量を計測することが出来ます。男性ホルモンを計測することでホルモンを原因としているかどうかを判断することが可能となり、医薬品の選択も変わってきます。

ED治療は基本的に医薬品の服用と検査によって実施されます。昨今では効果の大きな治療薬も生み出されているので治療効率を高めることが出来ているとされています。何らかの疾病を原因としてEDが発生していると分かった場合は、その病を治療することになります。場合によっては外科的な施術がなされることもあります。同時に生活習慣を改善していくことにより、症状改善のペースを速められる可能性があります。